南アフリカランド円向けポジショントレードのためのFX会社選びのコツ その4

おはようございます。たくぞうです。一般的なサラリーマンのみなさま、令和初日はいかがでしたでしょうか?たくぞうは初日からエンジン全開で、早く夏休みが来ないかと切望してしまいました。明日からも頑張ろう!(笑)

また、トルコはイスタンブールの再選挙の決定から7カ月ぶりの安値を付けています。当面戻る気配もありませんから、早く南アフリカランドで投資を始めた方がよさそうですね。

さて、FX会社選びも先に進めないといけませんので、本日も昨日の続きです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-5.png です
情報元: ザイFX!

アイネット証券

ループイフダンとアイネットFXの違い

毎回している上記の表からとなりますが、本日はアイネット証券について調べます。アイネット証券は、2つのサービスが南アフリカランド円で15円のスワップポイントの付与対象となっています。

  • アイネット証券[ループイフダン]
  • アイネット証券[アイネットFX]

二つのサービスの違いに関しては、こちらに明確に記載がありました。

通常のFX取引を行える「レギュラー(裁量)」口座と
システムトレードである「ループイフダン」を利用できる「シストレ」口座がございます。

引用元:株式会社アイネット証券

ということで、通常のFX用のサービス[アイネットFX] とシステムトレード用 [ループイフダン]のサービスという事ですね。また取引条件については以下が異なるようです。

  • スプレッド
  • 取扱通貨ペア
  • 最低取引単位(レギュラー1万通貨単位、シストレ1千通貨単位)

シストレは最低取引単位が1000通貨からなんですね!

トレイダーズ証券は「みんなのFX」と「LIGHT FX」では別口座でしたが、アイネット証券の場合では、サービス毎の口座の開設は不要です。

既にアイネットFX口座を開設済みのお客様は、ループイフダン口座のご利用にあたって別途お申込み等の手続きは必要ございません。 

ループイフダン口座のログインIDは、アイネットFX口座のログインIDの頭二桁を『35』に変えてご利用いただきます。 

引用元:株式会社アイネット証券

アイネットFX(レギュラー口座)には3つのコースがある

トレーダーズ証券では、「みんなのFX」の中に3つのサービスがありましたが、アイネットFXの中には3つのコースがあるようです。その3つのコースには以下のような「取引中に保有ポジションが自動決済される際の基準」の違いがあります。

  • ロスカットルールによる自動決済
  • 証拠金不足(レバレッジ超過)による強制決済

具体的な3つのコースの違いは、

・アイネット25 …レバレッジ最大25倍、ロスカット値は取引証拠金の15%、1日1回の証拠金判定、追証制度なし
・アイネット25S…レバレッジ最大25倍、ロスカット値は取引証拠金の15%、1日1回の証拠金判定、追証制度あり
・アイネット25G…レバ レッジ最大25倍、ロスカット値は取引証拠金の100%(証拠金常時判定)、追証制度なし

引用元:株式会社アイネット証券

です。そして、「口座開設時には「アイネット25G」コースのみが利用可能です。

3つのコースの違いを見ると、アイネット25Gはロスカット値が取引証拠金の100%ですが追証制度がないので、他の2コースよりは保守的というか安全なコースです。最初はこのコースというのも頷けます。

また以下のコメントがあることから、アイネット証券としてはシストレ推しの感じがします。

ループイフダンなら裁量取引で追えないような細かい値動きも逃さない

引用元:株式会社アイネット証券

ループイフダンの発注方法

ループイフダンの発注方法についてはこちらに明確に記載がありました。

ある基準点を基に買い進む値幅「買い」「売り」かを選択するようです。

引用元:アイネット証券

通貨ペア

以下ループイフダンで利用可能な通貨ペアの一覧です。

引用元:アイネット証券

システムトレード用の通貨ペアでも、一般的に利用される通貨はそろっていますね。最近は流行りのメキシコペソも利用できます!

その他気になったこと

インターネットで「アイネット証券」を調べてみると以下のような情報を見つけました。

  • スプレッドが広めで早朝や指標時に開く場合がある
  • 独自の自動取引ツール『ループイフダン』が使いやすいとの評判

スプレッドは最初のザイFX!のページを見てもわかりますが、確かに他のFX会社では0.3銭固定に対し、アイネット証券は2.0銭ですので、スプレッドは広めですね。状況によりスプレッドが開く傾向にあるのは、今回調べている口座はこの傾向が多いことから、スワップポイントをたくさんくれる口座の特徴のようですね。

優先している通貨の有無

ヒロセ通商ほど極端に寄せている感じはしませんが、トレイダーズ証券と比較すると、優先している通貨に関しては、若干の味付け程度の差という感じでしょうか。

まとめ

本日は、南アフリカランドのスワップポイントに注視すると、トレイダーズ証券と同様に2つのサービスがザイFX!でリストされたアイネット証券について調べてみました。トレイダーズ証券と比較すると、どちらかというとポジショントレード向きの口座というよりは、システムトレードを推しているFX会社のように思います。調べてみるとFX会社の特徴が明確になるのが良いですね!