トルコリラ急上昇?!今のレートが底値の理由

おはようございます。たくぞうです。先週久々に暴落したトルコリラですが、一気に持ち直しました。一時はどうなるかと思いましたが、トルコリラを買い(LONG)でトレードしている方にとっては、とても嬉しいですね。

参照元:SBIFXトレード チャート

先週トルコリラが暴落した時は、最近はトルコリラのトレンド的には下降トレンドという記事をよく目にしていましたので、その通りになるのかなぁと思っていました。

余力のないトレードは厳禁

昨日の記事でもコメントしましたが、資金に余裕のトレードを行っていると正しい判断ができないことが多々あります。たくぞうが楽しみしているJINさんのYoutubeですが、今回の暴落で正しい判断ができず損切りしたことを後悔されています。

FX、損切りしない男気FXで勝負します!!!

JINさんはこの動画で面白いコメントを言っています。

  • スキャルピングでは勝てない
  • 投資家と投機家の違い
  • 損切りしないと1割は死ぬ
  • 死ぬまで持ち続ける。男気FX。

これは、常々たくぞうが言っていることなのですが、FXでは今回のように1円、2円程度の動きというは散見されます。たくぞうの今までの経験では、この程度で損切り判断をしてたらFXでは絶対に勝てません。そして、ロスカットの損をトレードで取り戻すのは、とても大変です。

ちなみにJINさんは数日前の動画では、『 ポンドは二度と買わない 』と言っていましたが、今回の動画ではポンドで頑張ると言っていました。この後どうなるの方が楽しみですね。

なお、たくぞうはポンドとユーロは買わないと決めています。理由は幾つかありますが、

  • 一本当たりの証拠金が高い
  • 動きの幅があるので、多額の含み損を抱えてしまう
  • スワップポイントが魅力的ではない( GBP / JPY を除く)

などです。この辺りはそれぞれのトレードスタイルの違いですが、ポジショントレードではあまりおすすめはしない通貨だと、たくぞうは考えています。

トルコリラが上がった理由

こういった情報は後付けのことが多いですが、トルコリラが上昇したのにはいくつかの理由があるようです。

トルコ当局が各外資銀行に対して調査を行ったり、またトルコの中央銀行の対応から、一層のトルコ相場の下落を嫌っていることが、今回の対応から分かります。ということは、あくまで予想となりますが、今のレートがトルコリラが底値だとたくぞうは考えます。

トルコリラが下がった理由

一方、トルコリラが下落した理由と思われる要因として、こちらの記事を見つけました。個人投資家が低利回りのリラ建て預金を嫌って外貨購入を活発化させていることが大きな要因がトルコリラ下落の主な理由とのことです。つまり、トルコ国民がそもそもトルコリラを持つことを信用していないことになります。

2018年にトルコリラが暴落した時に、エルドアン大統領は下落防止のためにトルコ国民に対し『 ドルや金を売ってトルコリラに両替すべき 』とコメントしていました。

今回の流れを見ると、もしかするとエルドアン大統領は、今月末の統一選挙において、現状を不服と感じているトルコ国民の支持を得られないかもしれませんね。

まとめ

今回の暴落では、2018年のトルコリラの暴落を経験した人は、慌ててロスカットをされた方も多いかもしれません。実際に相場が下げ続けてしまう場合もありますが、急な相場変化はどの通貨でも発生します。その際に正しい判断をするには、如何に余力があるのか?が重要になってきます。

ただし、たくぞうのおすすめする手法でのポジショントレードでは、絶対に強制ロスカットはされませんので、そんな不安は一切不要です。FXで勝ちたいのであれば、ローリスク・ローリターンが最強だと思います。