ポジショントレードで南アフリカランドとトルコリラを比較してみた。

おはようございます。たくぞうです。本日は、多くのFX会社で扱われていてスワップポイントの高い南アフリカランドとトルコリラを元に、たくぞうのおすすめするポジショントレードではどちらの通貨がこのトレード手法に向いているのかを、通貨の推移とスワップポイントを視点に改めて比較してみたいと思います。以前、南アフリカランドでのスワップポイントで運用を試算したものはこちらにあります。

  • 通貨の安定度
  • スワップポイントの比較
  • 政治不安

通貨の安定度比較

ご存知の通り、ポジショントレードは日々の発生するスワップポイントが収入源なので、スワップポイント自体が多く貰える通貨の方が勿論良いのですが、通貨が安定していると強制ロスカットの考慮をあまりしなくて良いので心配事が減り、運用がとても楽になります。FX副業で最も精神的に堪えるのは、やはりお金の運用ですので「損をしてしまう」ことを意識しなければならない時です。

南アフリカランドとトルコリラの比較

下のグラフは2018年1月1日から2019年4月3日までの日足のグラフです。グラフの真ん中あたりが、2018年8月に発生したトルコリラの暴落ですね。

2018年からの南アフリカランド円とトルコリラ円の日足チャート

一目瞭然ですが、南アフリカランドとトルコリラを比較すると、南アフリカランドはほぼ横ばいです。トルコは先日の選挙もそうですが、やはり政治が不安定のため、それにつられてトルコリラが動きます。

FXは一般には相場が動いた方がその通貨の売買に利益を出しやすいのですが、ポジショントレードの場合は長期のポジション保有が前提となりますので、相場変動がない方が不安要素が少なく精神的に楽になります。

南アフリカランドの2018年以降の推移

2018年からの南アフリカランド円の日足チャート

上記は、南アフリカランド円のみで2018年からの日足チャートです。2か所ほど下に引きずられるように下落しているポイントは、2018年8月のトルコリラショックのタイミングと2019年初頭のフラッシュクラッシュの時です。他国で通貨が荒れると、国が違えど新興国通貨や資源国通貨といった大きな括りで影響を受けますので、グラフのように下落するタイミングがあります。

2018年から現在までの南アフリカランド円の変動幅

2018年からの南アフリカランド円

試しに2018年初頭からの南アフリカランド円の最安値と最高値でグラフかしてみると最安値は2018年9月5日で7.08円最高値は2018年2月27日9.25円がとなります。30%程度の動きがあるということになります。意外に動いていますね。なお、2019年4月5日現在の南アフリカランド円の相場は7.89円です。昨年の動きから判断すると上昇の余地がありますね。

南アフリカランドの2007年以降の推移

2007年からの南アフリカランドの日足チャート

念のため、2007年からで見ると下落しているようにも見えますが、2016年あたりで下げ止まっているようにも見えます。このあと長期スパンで考えた場合にどちらに動くのかは何とも言えませんが、2016年以降で注目すると、7円前後であんてしているようにも見えます。

2016年からの南アフリカランド円の日足チャート

スワップポイントの比較

2019年4月現在のスワップポイント比較

2019年4月5日の1万通貨当たりの買いのスワップポイントを比較すると、トルコリラ円は102円、 南アフリカランド円は12円です。1万通貨当たりだと8.5倍の差がありますね。つまり、南アフリカランド円で1トルコリラ円と同額のスワップポイントを得るには、8.5万通貨のポジションを保有する必要があります。

本日の南アフリカランド円が7.89円ですから、もし8.5万通貨分の南アフリカランド円を分のポジションを保有した場合に、南アフリカランド円が6.89円に1円下落した場合には、8.5万円の含み損となります。なお、2016年の最安値は2016年6月24日の6.3円です。ちなみにこの価格が南アフリカランド円の過去最安値です!。

過去の南アフリカランド円のスワップポイント実績

SBIFXトレードでの過去の南アフリカランド円の1万通貨当たり(買いポジション)の実績は以下の通りです。
2015年1月 383円/月 約12.3円/日(政策金利5.75%)
2016年1月 343円/月 約12.3円/日(政策金利6.75%)
2017年1月 380円/月 約12.2円/日(政策金利7%)
2018年1月 438円/月 約14.1円/日(政策金利6.75%)

2019年4月5日の南アフリカランド円のスワップポイントは12円ですから、あまり変化はしていないですね。政策金利の今後の見通しも安定しています。

過去のトルコリラ円のスワップポイント実績

同様にトルコリラの過去の実績を調べてみると、以下の通りでした。

2016年12月 2,553円/月  約82円/日
2017年12月 2,624円/月  約84円/日 

2019年4月5日のトルコリラ円のスワップポイントは102円です。トルコリラのスワップポイントは政策金利に対してエルドアン大統領の圧力が度々掛かりますので、 かなり不安定です。

政治不安

トルコについては実況中継でお伝えしていますが、あまり南アフリカランドの政治については気にしていなかった(ニュースであまり取り上げられない)のですが、調べてみると少し色々ありそうです。 あれっ?ちょっと予想外でした!!笑

まとめ

本日は、南アフリカランドとトルコリラについて、ポジショントレードで運用する場合の通貨の安定度に注目して比較してみました。南アフリカランドは、相場の推移だけで見ると、近年はとても安定しているようにみえますので、トルコリラと比較した場合には、南アフリカランドの方がおすすめかもしれません。ただし、政治不安はトルコが強烈と思っていましたが、南アフリカでも何かありそうですので、次回以降でもう少し調べてみたいと思います。