先週のFX相場

おはようございます。たくぞうです。2019年1月14日週のFX相場は、年末頃からの米中間の貿易摩擦による関係悪化からのネガティブな流れや、何度かコメントしましたが、1月3日に発生したフラッシュクラッシュにより、1月の初旬は市場参加者がかなりネガティブムードになっていたと思いますが、 14日からアメリカの決算発表が始まる旨は以前お伝えしていましたが、おおむね好調の結果から少しずつですがポジティブ方向に戻ってきたように思います。 また、日本時間の1月18日早朝に「米国が対中貿易関税の撤廃を検討」との一部報道を受けて米株は上昇し、結果的にアメリカドルも年末のレンジに戻ってきました!!。
12月の上旬からのアメリカドル円、トルコリラ円、オーストラリアドル円の推移をグラフ化してみました。

USドル円の推移

トルコリラ円の推移

オーストラリアドル円の推移

なお、アメリカのメキシコ間の壁の件から、過去最長期間の米国の政府機関のシャットダウンが続いていますが、シャットダウンが長期化していることから悪影響が出始めているようです。この時期にアメリカに行く用事がなくて良かったと思いつつ、早く改善されることを望みます。また、日本時間の20日の午前5時にトランプ大統領より重要な発表があるとのこと。本ブログは、基本は朝6時に公開を目標に更新しているので、本来はこの記事は20日の朝6時に公開する予定でしたが、少し早めの公開したいと思います。トランプ大統領の発表は来週の市場に大きく影響すると思いますので、発表がポジティブサプライズになれば良いなと期待しつつ、発表内容については追ってコメントしたいと思います。