結果によっては為替相場に影響するファーウェイのニュース

おはようございます。たくぞうです。昨日タイトルの通りですが、中国のファーウェイに関するニュースの報道がありました。

  • ファーウェイに関するニュース
  • 日米通商交渉に関して
  • そもそもアメリカ車が日本で売れない理由
  • まとめ

ファーウェイに関するニュース

興味深いニュースが聞こえてきました!!

ファーウェイ、米政府を提訴へ 米紙報道 

このニュースについては、ファーウェイ側としては「コメントは控える」と述べるにとどめ、提訴に関する詳細を明らかにしてはいないようですが、昨年末の米中貿易摩擦での大きなトピックとなっていますので、今後の動きに注目しています。直近では、米中両国の通商交渉は合意に近づいていて、トランプ米大統領と習近平中国国家主席は月内にも合意文書に署名する可能性があるとしているので、このタイミングでファーウェイが動きに出たことは、何かしらの意味があるとたくぞうは思っています。でなければ、もっと早い段階で動いていたか、もしくはこのタイミングになるまでファーウェイ側が情報を集めていたか?だとは推測します。

日米通商交渉に関して

先日の米朝首脳会談後の会見の際のトランプ大統領の 「日本は長年、何百万台もの自動車を送り込んできた」という発言から、日本政府関係者が慌てているというニュースが聞こえ、4月に日米通商交渉が行われる可能性があります。とはいえ、日本側が中国ほど強気に交渉ができるとは、お国柄というか交渉力の違いから厳しいと考えています。

そもそもアメリカで日本車が売れるのに対し、アメリカ車が日本で売れない理由

よく考えてほしいのですが、良いものであれば日本でも当然売れると思います。一番身近なところで言ったらパソコンのOSはWindowsかmacOSですし、携帯ならiPhone、携帯OSでもIOSかAndroid、SNSならfacebookかtwitterですよね?アメリカでも同様だと思います。もう一つ面白いリンクを見つけました。アメリカの売れているテレビランキングだそうです。ちなみに、たくぞうは去年テレビを買い替えたのですが、なんと?!東芝製からLGしました!。そして、たくぞうのお気に入りの携帯とタブレットは、ファーウェイです。笑。で、車の話に戻りますが、昔はアメリカ車って日本でも人気があったと思います。1990年代に後半に流行ったアストロカプリスあたりでしょうか。当時は記憶の限りですが、レギュラーガソリンも90円/1Lくらいだったと思いますので、燃費が悪い車も気楽に乗れた時代だったと思います。最近はアメリカでは流行らないかもしれませんが、ハイブリッドによる低燃費がブームというか低燃費が当たり前なので、比較的燃費の良い日本車がどうしても優位になるのかと思います。ちなみに車で言うと、たくぞうはもう10年以上ドイツ車を乗り継いでいます。メンテナンス費は日本車とくらべて高額になりがちなのですが、理由は単純で、死亡率が極端に低いからです。これはお世話なっている車屋さんにも聞いたのですが、消防士やレスキューの方が交通事故の現場に駆け付けたとき、ちゃんと意識があって話ができるのはドイツ車に乗っている人とのこと。車はどんなに大破しても、生きていればまた買えますからね!。ということで、車の問題は、車の性能差の問題とたくぞうは考えます。アメリカがアメリカ車として日本車よりも魅力的な車を生産できれば、アメリカ国内では国産車として、海外へはアメリカ車として輸出できるのではないのでしょうか?

まとめ

今回はファーウェイの話から日米通商交渉で焦点となるかもしれない自動車に関してコメントしてみました。あくまで個人的な感想です。笑。トランプ大統領がどのような結果にしたいのか?もそうですが、日本政府側も振り回されずにしっかり対応してもらいたいなぁと期待しています。トランプ大統領も3年目で結果が欲しいところでしょうから、この交渉自体もそんなに簡単な話ではないとは思います。