FXはやはり勝率の高い投資である興味深いデータを発見!

こんにちは!たくぞうです。例は二日目ですね。私が住んでいる地域は本日もあまり天気が良くなく、今朝洗車をしていたらワックスをかける前に雨が降り出したので、最後まで完了できませんでした。笑

GoogleMapで渋滞情報を見てみると、東京の都心というよりは郊外に向かう主要な高速は渋滞しているみたいですね。お車での移動の際は、事故なく安全に移動頂ければと思います。

さて本日ですが、調べ事をしていたところ「FXをやっている人はどんな人なのか?」の統計をたまたま見つけましたので、こちらをご紹介したいと思います。念のためダウンロードリンクも張っておきます。

このレポートは金融先物取引業協会によって作成されたレポートで、金融先物取引業協会の詳細はこちらにありますが、主業務は「投資家の保護と金融先物取引業の健全な発展 」です。FXをやられる方もしくはこれからFXをやろうとしている方は、こういう協会があって参加者が守られているという事は知っておくと良いかもしれません。

調査対象者

対象者は1,000人で20代から70代の男女です。比率はおおよそ男性7.6:女性2.4で、それぞれの年齢別の集計となっています。統計を見ていると男女とも年齢が増すにしたがって参加者が増える傾向にあるようです。世帯年収や学歴などの項目もあり、どのような方々がFXに興味があり、また実際に取引をされているのかが見えてくるのがとても面白いです。

また質問内容は最後の方に調査票として記載がありますが、全35問でクイズもありますね。

FXを実施されている方の傾向

幾つか興味深いデータがありました。

  • 取引年数は「5年以上」 44.9%で最も高く、次いで「1年以上~3年未満」 が 21.4%。
  • 昨年(2017年)の利益額で利益が出ている人の合計は60.3%
  • 「利益を出している」計の比率は、男性 30 代で 66.4%と最も高い
  • 職業別では「利益を出している」計の比率は、常勤雇用(役員・管理職)で 73.6%と最も高い

このデータは2017年の結果を基に作成されたデータですので、たくぞう的には、同様のデータで
仮想通貨のデータの2017年、2018年版のが欲しいなぁと思います。そこで比較するとFXの方が安心だというデータが取れると思うのですが、いかがでしょうか。

ということで、60%以上の方が利益を出しているとのことですから、比較的皆さん利益を出しているように思います。

一番人気はドル円

一番人気は米ドルで、次いでオーストラリアドルとニュージーランドドルですね。それぞれの人気の理由の記載はありませんが、おそらく米ドルはスプレッドが低く取引コストが安いこと、オーストラリアドルとニュージーランドドルについてはそれぞれの国の信用力が高い上に、スワップポイントも高いからでしょう。

先日お伝えしたこちらのアプリでチャートの読む練習とスキャルピングの練習中なのですが、4月30日についにアプリ内で「プロトレーダー」になりました。(笑)

以前からお伝えしていますが、今までたくぞうがやってきたFXトレード手法はシステムトレードもしくはポジショントレードで、特に初心者向けにローリスク・ローリターンでこれからFXを始める方にとって、FXをゆっくり知りつつ勝率が高い手法としてポジショントレードをおすすめをしています。

それはそれとして、たくぞうの令和時代の新たなスキルアップとして、チャートを読む力とスキャルピングを学習中で、今後は実況中継をしていきたいと思っていますが、アプリで練習していると枚数(通貨数)が多い場合でトレードし利益を出そうとすると、やはりスプレッドが狭い(手数料が安い)米ドルの魅力を再確認できます。ご興味があるかたは是非アプリでレベル30を目指していただくと良いかと思います。

まとめ

本日は、外部の信用できるデータを基に、実はFXは勝率が高い投資であることの再確認をしてみました。たくぞうもまだ斜め読みですが、もう少し時間をかけてこの資料を読み込んでみたいと思います。