[FX実況中継]FX副業6週目結果発表(トルコリラ円) 

おはようございます。たくぞうです。トルコリラ円のでのFX副業6週目の結果発表となります。先週はついにトルコリラが下落しましたので、どういう結果になったのかが楽しみですね。先週のリンクはこちらです。

  • FX実況中継、結果発表!!
  • スワップポイント合計
  • 損益評価額
  • トルコリラ円の推移
  • 気になるトルコ関連のニュース
  • まとめ

FX実況中継、結果発表!!

初回入金210,000
SBIFX特典500
追加入金40,000
損益評価額2,311
資産評価額 252,811

今週は、なんと?!損益評価額が2,311円に下がってしまいました。グラフの緑色の部分が減少しています。涙。先週の損益評価額が5,548円でしたので、スワップポイント込みで3,237円の円高となります。1万通貨を保持していますので、相場としては32銭の円高となります。いや~、ついにポジションとしてはマイナスになってしまいました。ただし、6週間分のスワップポイントがありますので、結果的に収益は未だプラスになっています。

スワップポイント合計

03月05日 (火) 112
03月06日 (水) 112
03月07日 (木) 321
03月08日 (金) 102
03月10日 (土) 102

1週間の合計 749円
開始時からの合計 4,434円

SBIFXトレードのスワップポイントはこちらで確認できます。先週は、週初めは112円と久々に高めなスワップポイントだったのは嬉しいですね。SBIFXトレードの各通貨のスワップポイントの週間ランキングがこちらにあります。いま気が付きましたが一週間遅れのようですね。

損益評価額

2,311円

遂に!トルコが購入額の1トルコリラ円の20.6円を割り込んできましたので、残念ながらスワップポイント合計で損益評価額ではプラスという状況です。含み損を抱えることはFXでは普通のことなので、この状況が通常と考えた方が良いですね。

話は変わりますが、行動心理学に「損失回避の法則」というものがあり、これは、「人は利益を得ることよりも損失を回避することを選ぶ」こと重視する心理が動くことを言います。

A.100万円を無条件でもらえる。
B.200万円を確率1/2でもらえる。
あなたならどちらを選びますか?

この質問をすると、多くの人は堅実なAを選びます。何も手に入らないリスクを負うよりも確実に10万円をもらえる方を無意識に選びます。

A. 100万円の借金が半分になる。
B. 100万円の借金が確率1/2で0(帳消し)になる。
あなたならどちらを選びますか?

この質問の場合、多くの方は後者を選びました。 面白いですね!

話を戻しますが、私の状況だと一般的なFXの手法だと利益がマイナスにならないうちに決済をすることをすすめます。つまり、現状で決済し約2,000円儲かった(利益確定した!)としてしまいます。ただ、相場は誰にも読めません。例えば、1カ月後に、もし1トルコリラ円が21.6円になったら?とすると、その時は、1か月分のスワップポイントと、21.6円と20.6円の差額の1万円も入手することができるかもしれません!!。すると、合計で約1万3000円が利益となるのです。この考え方が大事なのです。そして、たくぞうの投資法では、トルコリラの場合には、スワップポイントの利益を引き出していたとしても、そもそも1円になってもロスカットされることはありません。なぜなら1円になっても耐えられる金額が口座にあるからです!!なので、プラスになるのをただひたすら待ちましょう。

トルコリラ円の推移

先週は始値と終値を削ったのですが、グラフがあった方が良いという貴重なご意見を頂きましたので表示する事にしました。見事に購入時よりも円高になっていますね。

あと数週間でトルコの地方選挙です。一気に円高が進むのか、はたまた円安に進む何かが起こるのか?結果が楽しみです。

気になるトルコ関連のニュース

先週の結果発表にも記載したトルコのミサイル問題ですが、今週になって大きく取り上げられるようになってきました。一部報道では、今年の10月にはS-400 が配備されるというニュースも出ています。さて、この問題は、トルコ国内ではどのように取り上げられているのかがとても気になっています。地方選挙にどのように影響するのでしょうか?知っている方いらっしゃったら教えてください。

あともう一点気になったニュースはこちら「トルコ・リラは9月末までに40%下落、対ドルで最安値更新へ」とのことです。週の途中で取り上げようかと思ったのですが、記事にもあるように今までの予測が見事に外れているので、ちょっと??という感じです。

リラが1-3月に急落すると見込んでいた。
⇒みごとに外れ

なお急落が起こることを「状況的に確信」している
⇒ やや楽観へと傾く市場コンセンサスとは対照的

トルコ中央銀行は6月から7月の間に400ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の利上げ
⇒市場は逆に、年内に650bp前後の利下げを想定

もう、じゃんけんで✊✌✋全部出している感じです。そりゃ何かしら当たりますよ。強いて言えば改善されたらすべて外れですかね。

まとめ

週中からオーストラリアECB、米国雇用統計とネガティブな材料が続いた結果、市場全体が円高傾向の中で、特にトルコリラ円は軟調なため、ついにポジション自体はマイナスになってしまいました。ただし、前述の通りで焦らず待つことが重要です。なぜなら、その間もしっかりスワップポイントが付与されます。少し市場が荒れる時期を迎えますが、気にせずのんびり待ちましょう。

万が一、トルコリラが40%下落したとしても今のスワップポイントなら2年待てば良いだけですし、スワップポイントが減ってしまうようであれば、もう少し長期間で考えれば良いだけです。時間をかけることでFXの勝率はぐんと上がります。ブログタイトルの通りですが、この投資法はサラリーマンのような毎月の収入がある人向けの投資法となりますね。では、今後もこの実況中継をお楽しみください!