スワップ生活のためトルコリラのスワップポイントを試算してみる その1

おはようございます。たくぞうです。何度かブログで登場していますが、1/16にトルコ中銀の政策金利発表されます。1/11時点のトルコリラはおおよそ1トルコリラが19.8円くらいです。今回のトルコの政策金利発表で1トルコリラ円が20円を超えるかどうかはわかりませんが、SBIFXでトルコリラを1年スワップ貯金をした場合、どういう結果になるのか?を資産してみたいと思います。と思ったらすでに計算してくれていました。SBIFXさん、流石です。

SBIFXのこのページでは、2018年10月のスワップポイントの総額(3,058円)を12倍した場合に、36,696円もらえるとして計算していますが、 2018年12月は3,663円でしたので、あくまでだいたいこのくらいの金額ということですね。

上記より、1月の1トルコリラ円の1万通貨の1日あたりのスワップポイントは92円ですので、もし仮に92円が365日継続するとすると

92 × 1(万通貨)× 365 = 33,580 となります。

つまり、トルコリラ1万通貨を1年運用すると凡そ3万円強スワップポイントがもらえるということですね。では、安全に運用するための証拠金と運用予定金額( 10万円 )想定して計算してましょう。

1トルコリラ円を19円で買った場合で14円まで下がった(5円)場合

必要証拠金:19円 × 10,000通貨 ÷ レバレッジ25倍 = 7,600円
有効証拠金:10万円 ―(10,000通貨 × 5円)= 5万円
証拠金維持率:(5万円 ÷ 7,600円)× 100 = 657%

逆にSBIFXの強制ロスカットの維持率(50%)となるのは、

(X万円 ÷ 7,600円)× 100 = 50%

ですので、X=3,800 となります。これは簡単ですね。で、1万通貨は1円下がると含み損が▲1万円となるので、10円下がると▲10万円です。その時は1トルコリラ円は9円ですから、そこに100%の維持率にするための3,800を足して、9.38円となります。先日発生したフラッシュクラッシュを想定しても全く安全な運用ですね!。さて次です。

運用資金を20万円で同じ計算( 19円で買った場合で14円まで下がった(5円)場合 )

必要証拠金:19円 × 10,000通貨 ÷ レバレッジ25倍 = 7,600円
有効証拠金:20万円 ―(10,000通貨 × 5円)= 5万円
証拠金維持率:(15万円 ÷ 7,600円)× 100 = 1,973%

そしてSBIFXの強制ロスカットの維持率(50%)となるの?ですが、 19円から20円下がる(1万通貨で20万円分)とマイナス1円ですから、20万円を入金しておけば、強制ロスカットの心配はありません。

20万円の入金に対し、3.3万(1トルコリラ円が92円で365日)のスワップポイントですので、23.3万 ÷ 20万 = 1.165 ですので、利益率16.5%となります。まぁトルコリラ円が0円になることはないので、一時的に含み損が発生するかもしれませんが金利がおぼ同じ金額として、例えば3年積み立てれば、

20万円+(3.3万円 × 3年)≒ 30万円になります。

これは1万通貨を1本しか買っていませんので、途中でトルコリラが上昇する気配や追加のポジションをもっても大丈夫そうであれば、その時に1000通貨なり1万通貨なりの買い増しをして、スワップポイント多く貰うのもアリかもしれません。

まとめ

トルコリラを1万通貨を1本買い、強制ロスカットが発生しないようにトルコリラを運用するらなら、20万円あれば安心です!

お金に余裕があるなら10倍でやりたいですね。ただし、くれぐれも投資は自己責任で。

追記

その2も書いてみました。